当サイトの人気金運アップアイテム!


公式サイトはこちら

パワースポット

商売繁盛・ギャンブル・宝くじ当選!京都の金運アップ神社・仏閣4選!

更新日:

美しさとともに金運をゲットできるなんとも贅沢な神社や黄金色の鳥居が出迎えてくれる神社など、京都で金運アップのご利益がある神社・仏閣を4つご紹介します。

スポンサーリンク

金運アップのご利益がある神社

81d92e4aac9aa209429fc92ea134615c_s

八坂神社

656年創建、“祇園さん”の名で知られる「八坂神社」。

本殿の下には、青龍が住む龍穴があるいわれるパワースポットです。本殿の下からは、“力水”と呼ばれる龍穴のパワーが宿る祇園神水も湧き出ています。

特に境内にある末社美御前社(うつくしごぜんしゃ)が金運アップにご利益のある神社。祀られているのは美人で、財福、芸能、美貌の神として知られる多岐理毘売命(たぎりびめのみこと)、多岐津比売命(たぎつひめのみこと)、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)の三女神です。そのため、美御前社にお参りすると美しさと金運に恵まれると言われています。

また、社殿前に湧き出る美容水とよばれる神水を 2,3滴肌につけると心から美しく磨かれるご利益があるんだとか。注意してほしいのが、八坂神社の正門は西桜門ではなく、「南楼門」です。お参りする時は、「南楼門」から入りましょう。

アクセスは京阪祇園四条駅から徒歩約5分。

車折(くるまざき)神社

京都嵐山の開運神社といえば、「車折神社」。

平安時代後期の儒学者である清原頼業(よりなり)を祀る神社で、“約束を違えないこと”の神様として信仰されています。

例えば、商売をしてる人は約束事や契約がきちんと守られることで、集金が滞りなく進み経営が順調にまわる商売繁盛のご加護が。また家庭においては、お金のやり繰りが都合よく運ぶことで、お金に不自由しない金運・財運向上の御加護がもらえるんだとか。

このほか、石鳥居の脇にある悪運を浄化するパワースポット「清めの社」や願いを叶えてくれる御守「祈念神石」も人気です。

アクセスは市バス・京都バスの「車折神社前」下車徒歩約1分

御金(みかね)神社

 
ビルの谷間にひっそりと建つ佇まいながら、金色の鳥居が強烈な個性を放つ「御金神社」。その名のとおり、金運アップのご加護があると評判の神社です。

祀られているのは、金の神・金の類司る神である金山毘古命(かなやまひこのみこと)。金、銀、銅をはじめ、農機具や武具、鉱山など人間の営みの中で使われる全ての金属類を司る神様です。

特に通貨に金、銀、銅が使われるということで、株式運用、不動産運用、賭け事勝利、宝くじ当選、収入UPなど金運上昇を願う人たちに大人気の神社です。

アクセスは地下鉄東西線「二条城前」駅から徒歩約6分。

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)

963年創建の空也上人が開いた真言宗智山派の古刹「六波羅蜜寺」ちなみに六波羅蜜とは、この世で生きたまま仏様の境涯へ到るための六つの修行をいいます。

南門の近くの護摩堂に祀られている「六波羅弁才天」は高さ30㎝と小柄ですが、神々しく金色の光を放つ弁財天で、金運と勝負運にご利益があるといわれています。

また、「銭洗い弁財天」では、弁財天の祀られている所のご神水でお金を洗い、そのお金を大切に持っていれば財運がアップするといわれています。その際、洗ったお金をお守り袋(500円)に入れると、金運アップのお守りにすることができます。

このほか、境内には三回まわすと1つだけ願いを叶えてくれる「一願石」もあります。

アクセスは京阪電車清水五条駅下車徒歩7分。

いかがでしたか?

神社に参拝する際は、正門から入るのが大切なんだそう。特に、八坂神社では、正門ではない西桜門から入る方が多いようなので気おつけてくださいね♪

Copyright© 金運アップなび! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.