このサイトでは「金運アップ」をテーマに、全国の金運アップパワースポットや、高額当選多数の宝くじ売り場、占い師による金運アップの方法などを紹介しています。

金運アップなび!

パワースポット

東京で金運アップの神社と言えばココだッ!金持ちになりたいやつ集まれ!

更新日:

あなたは億万長者になりたいですか?

私はなりたいです(笑)

世の中には努力をすればお金持ちになれる方々もいるでしょう。でもそう簡単なものではありません。

皆さんも入試前は家族そろって合格祈願しましたよね?

宝くじの高額当選、起業してチャンス掴みたい、そんな時も神頼みしたっていいじゃないですか!

Sponsored Link

都内で金運アップできる神社

e7c4801d0d2643df45e99c63d2f4bec2_s

今回金運アップが期待できる東京都内の神社を3つご紹介します。

ビビッと感じるスポットがあるかもしれませんよ!?

「小網神社(こあみじんじゃ)」中央区日本橋小網町

「小網神社」は小さな神社でありながら強運を持った神社として知られてるスポット。

約32万発もの焼夷弾が投下され、10万人以上の死者をだした東京大空襲の時でさえ、社殿は奇跡的に火災を免れたという強運を持ち、現在では、日本橋地区で唯一現存する戦前の神社建築となっています。

また、太平洋戦争の最中、神社でお祓いを受け、強運厄除守を身につけて出征した兵士全員が無事生還したとも言われています。

そんな強運神社「小網神社」の境内にある最強の金運アップスポットは、社殿左側にある東京銭洗い弁天(万福舟乗弁財天像)と銭洗いの井。

この井で洗い清めた金銭を、財布に入れておけば金運アップ♪と言われています。

このほか、社殿向拝の左右にある見事な彫刻の2頭の龍、天に昇る「昇り龍」と天から降りる「降り龍」は、強運厄除の神社のシンボル。

本物のまゆ玉の中におみくじを奉入した珍しい「まゆ玉おみくじ」も人気です。

アクセスは、東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口より徒歩5分。

「穴八幡宮(あなはちまんぐう)」新宿区西早稲田

新宿区に鎮座し、蟲封じや商売繁盛、出世、開運にご利益があるといわれている神社。

江戸時代、庶民から信仰を集め、特に蟲封じの祈祷が有名でした。

そんな「穴八幡宮」の江戸時代から続く最強の金運アップアイテムが、毎年12月の冬至から翌年2月3日の節分までの期間限定で授かることができる「一陽来復(いちようらいふく)御守」。この穴八幡宮にだけに伝わる貴重な御守です。

「一陽来復」とは陰が極まって陽に転じる。つまり、凶事が去って吉事がめぐってくるという意味。

配布初日となる冬至も1年の内で最も昼間が短い“陰の極まる日”であり、陽に転じていく日でもあるのです。この歴史ある御守を恵方に向け、特に人が集まる部屋の高い場所に祀ることでお金繰りが良くなると言われています。

御守は大人気で、配布初日や休日には購入するための1~2時間の行列ができることも多いので、比較的空いている平日をねらうのがオススメです。

また、この御守を祀る日は、冬至・大晦日・節分のいずれかで、時間は夜中の12時と決まっているのでご注意を。

恵方など詳しいことは御守の購入時にいただける説明書に記載されています。

アクセスは、東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩3分。

「皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)」新宿区百人町

創建は天文2年(1533年)の皆中稲荷神社。“皆中”が“みなあたる”と読めることから、金運アップの神社として知られています。

そんな縁起のよい名前にあやかろうと特に宝くじやロト6などで一攫千金を狙う人たちに大人気です。

神社の名前の由来は、寛永年間に徳川幕府が「鉄砲組百人隊」をこの百人町に駐屯させた際、なかなか腕前が上達せず悩んでいた鉄砲隊の1人がこの神社でお参りをし、射撃をしてみると、百発百中!

全て的中させることができたことから仲間たちもこぞって祈願し始め、いつしか多くの人がこの神社を「皆中(みなあたる)の稲荷」と称えるようになり、以後「皆中稲荷神社」と呼ばれるようになったということです。

人気の金運アップアイテムは、御守り・勾玉・金彫水晶根付がセットになった皆中勝御守や的に命中した弓矢が入った心願成就の御守、開運的中と書かれた絵馬、宝くじ高額当選が期待できる宝くじ入れなど。

また、志望校を射止めようと合格祈願に訪れる受験生も多くみられます。

アクセスは、JR山手線新大久保駅から徒歩約1分の超駅チカ金運神社です。

最後に

ビビッと感じたスポットはありましたか?

お金は天下の回りもの!今回ご紹介した金運アップ神社にお参りしたあとは、近くで美味しいものを食べたり、観光もして、お金に好かれる1年にしましょう♪

Copyright© 金運アップなび! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.