パワースポット

長崎の金運アップパワースポット・神社6選!福山雅治ゆかりのスポットへ!

投稿日:

cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_s

山崖の金運神社や福山雅治ゆかりのスポットの「福運お守り」など、長崎県内の開運・金運アップにご利益のあるスポットを6つご紹介します。

スポンサーリンク

神崎神社

長崎県五島市の海を望む高台にある「神崎神社」。通称「金貸稲荷」と呼ばれ、古くから商売繁盛や金運のご利益を求めて多くの商人たちに参拝されている知る人ぞ知る金運神社です。

起源は古く弥生時代にまで遡ります。神崎神社のある山崖は、かつて、西側を男神、東側を女神と呼ばれていました。その男神と呼ばれていた西側に神崎神社があり、小さな祠ですが、航海の神として中国大陸からやって来た唐人たちの信仰も集めていたほど。唐人たちは神崎神社の前で船を泊め、航海の安全や商売繁盛などを祈ったそうです。

アクセスは長崎自動車道長崎ICから車で約25分。

長崎八坂神社

長崎では、“祇園さん”と呼ばれ親しまれている「長崎八坂神社」。1620年に創建され、京都から迎えた素戔嗚尊(スサノオノミコト)をはじめ、商売繁盛の神様、大山咋大神など五柱を祀っています。商売繁盛、立身出世など金運に関するご利益があると人気の神社です。毎年7月下旬には「祇園祭り」が開催されます。

アクセスは長崎電気軌道「正覚寺下」駅から徒歩2分。

諫早神社

奈良時代の神亀5年(728年)頃に創建されたと伝わる「諫早神社」。“四面宮”“おしめんさん”と呼ばれ、古くから地元の人々に親しまれています。ご祭神は開運招福の天照大御神、商売繁盛の守り神として知られる少彦名命、大己貴命の3柱。拝殿の正面左側にあるご神木のクス木は幹回り7.8m、高さ25mで、荘厳な佇まいは迫力があります。

アクセスJR「諫早駅」から徒歩約6分。

淵神社

稲佐山の山麓にある「淵神社」。田心姫命・市杵島姫命・湍津姫命(宗像三女神)を祀る神社です。境内には、愛知県の金運パワースポット「豊川稲荷」から分霊した「宝珠稲荷神社」があり、金運向上、商売繁盛にご利益があるといわれています。

この淵神社の人気は、赤い字で「福」と書かれた、福をもたらすという「福運お守り」。なんでも、淵神社のすぐ近くに福山雅治さんが通っていたという付属の宝珠幼稚園があり、福山さんのファンたちの間で人気が広まったんだとか。「福運お守り」を持てば、神社のご利益のほか、“大スター”福山雅治さんのご利益もいただけるかも♪ロープウェイで登る稲佐山山頂は人気の夜景スポットでもあります。

アクセスは長崎出島バイパスより車で約15分。

亀山八幡宮

佐世保市民の守り神「亀山八幡宮」。創建は飛鳥時代と伝えられています。全国4万余りの八幡さまの総本宮で、大分県の金運神社「宇佐神宮」からお迎えした神様が祭られていることから、亀山八幡宮も金運アップにご利益があるといわれています。

アクセスはJR佐世保駅よりバス「佐世保市役所前」から徒歩7分。

御手洗水の滝

長崎県の壱岐島にある霊場の滝「御手洗水(おちょうず)の滝」。壱岐のパワースポットです。弘法大師が杖で一突きしたことから水が流れ出したという伝説が残る滝で、滝のくぼみのところに仏様が祀られています。とても小さな滝ですが、その水は「壱岐七名水」に数えられるほど。風水では、動く水は金運を呼び込み、その金運を貯めてくれる力があるといわれています。夕日を浴びた滝は黄金色に輝くのだとか。

また、平成22年の大雨の際に裏山から転げ落ちた巨石が弘法大師を祀るお堂を傷つけなかったことから「奇跡の石」と呼ばれ、この石もパワースポットとなっています。

アクセスは壱岐郷ノ浦港から車で約20分。

異国情緒ある長崎の金運スポットでぜひ“福”を集めてくださいね♪

Copyright© 金運アップなび! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.