当サイトの人気金運アップアイテム!


公式サイトはこちら

パワースポット

兵庫の金運アップパワースポット・神社6選!最強スポットはどこだ!?

投稿日:

日本全国の“えびす”神社の総本社や金運向上祈願の“ハシゴ”ができるスポット、首を回すと借金の悩みを解決してくれるカエルの石像など、兵庫県内の金運のご利益がいただけるスポットを6つご紹介します。

スポンサーリンク

「福海寺」と「蛭子神社」

  
1344年の創建された、足利尊氏ゆかりの福海寺。本尊は釈迦如来ですが、境内には、“柳原大黒天”として信仰される二体の大黒さんが祀られていて、金運向上のスポットとして有名です。

毎年1月9日~11日の「大国祭」は、金運上昇、商売繁盛を願う参拝客で大賑わいになります。

さらに、この福海寺の目の前にあるもうひとつの金運スポット「蛭子神社」。ご祭神は、蛭子大神(ひるこのおおかみ)と大物主大神(おおものぬしのかみ)です。簡単にいうとえびす様と大黒様。

福海寺の大国祭と同じく、毎年1月9日〜11日には「十日えびす大祭」が開かれ、商売繁盛や金運アップにと多くの人が訪れます。金運祈願の“はしご”ができるスポットです。

アクセスはJR兵庫駅南口から徒歩約5分。

荒神影向の榊

福徳を授ける諸神諸仏が祀られている清荒神清澄寺の拝殿の後ろにある「荒神影向の榊」。榊が植えられたこの場所は、荒神さまが姿を現わしたと伝えられているスポット。

いつ頃からか、ここに供えられたお賽銭をいただいて帰り、そのお賽銭を紙に包んで財布に入れておくと小遣銭に不自由しない。また、次に参詣するまでそれを御守りとして持っていると良い事があるといわれています。

ただし、次回お参りに来た時に、倍しにしてお賽銭をお返しすることをお忘れなく。

アクセスは阪急宝塚線清荒神駅から徒歩約15分。

神呪寺(かんのうじ)

 
西宮のシンボル甲山の麓にある「神呪寺」。かわった名前は“神を呪う”のではなく、“神の寺”という意味。

“神呪”とは般若心経にある神呪(じんしゅ=神秘なる呪語)という意味で、仏様の言葉のことなんだとか。本尊の如意輪観世音菩薩は、弘法大師が一心に彫り上げたと伝えられ、本三大如意輪のひとつとして知られてます。

地元の人たちには”融通さん”と呼ばれているように、ご利益は“融通”。御守の「融通小判」を財布に入れておけば、お金を“融通”してくれると人気です。

アクセスは車が便利です。名神西宮I.Cより約15分。

須磨寺の“ぶじかえる”

 
須磨寺は、平敦盛遺愛の青葉の笛や弁慶の鐘、敦盛首塚や義経腰掛の松など、源氏と平氏にゆかりのある多数の重宝や史跡があり、源平ゆかりの古刹として知られています。

そんな境内の源平の庭の奥にあるかえるの石像「ぶじかえる」は、借金の悩みを解消してくれる金運スポット。借金に困っている人はこのかえるの首を回すと悩みが解消されるんだとか。

アクセスはJR須磨駅から約12分。

[ad#co-2]

西宮神社

ここは、なんと、日本に約3500社ある福の神“えびす様”を祀る神社の総本社!地元では“西宮のえべっさん”と呼ばれています。毎年1月10日の早朝に開かれる神事「福男選び」でも有名な神社です。

西宮神社の金運アップの名物行事は、1月9日~11日の「十日えびす」の期間、拝殿に飾られる“招福大まぐろ”。商売繁盛と大漁を願って水産関係者が毎年奉納するもので、“招福大まぐろ”の頭や背中にさい銭を張りつけると「お金が身に付く」といわれています。

アクセスは阪神電車西宮駅から徒歩5分。

長田神社

 
創建は201年と伝えられ、1800年以上の歴史ある神社。ご祭神はえびす様、福の神などと呼ばれる事代主神(ことしろぬしのかみ)。

金運をはじめ、厄除け、勉強運、健康運などにご利益があるといわれている神社です。

アクセスは地下鉄長田駅から徒歩約7分。

古くから港が栄え、商売で活気にあふれている街“兵庫”の金運スポットでぜひご利益を授かってくださいね♪

Copyright© 金運アップなび! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.